バナー

 緩和ケア病棟の天使

2015/04/14
 殺処分になるはずだった犬たちが


セラピードッグとなって、緩和ケア病棟の患者さん達の


心に寄り添って、笑顔が生まれます


そんなセラピードッグの中の1頭


ゴールデンレトリバーのシャネル 9歳





シャネルは繁殖業者に飼われ、ドッグショーに出ていたのですが


子宮の病気で引退します





中部アニマルセラピー協会が譲り受け


誰に触られても、嫌がらないセラピー犬として


第2の犬生が始まります





2011年2月から月1回の活動


病室を、愛嬌をふりまきながら


つぶらな瞳のシャネルは、すぐに人気者になりました





しかし、2012年秋、下半身が動かなくなりました


シャネルは、神経の働きを阻害される病気で


次第に後ろ足が人間の床ずれのような状態になり


一部が壊死して、苦しむようになりました






治る見込みもなく、協会の理事長は安楽死も


考えたそうです





ホスピスのある看護師が、床ずれの対処法の


アドバイスをしてくれ、翌年6月に復帰します





「 治療だけでは取りきれない痛みもある


シャネルのけなげな姿を見て


患者がパッと笑顔になることがある


その笑顔に私達も元気をもらう 」


とその看護師さん








下半身が動かないシャネルに


たくさんの勇気と元気をもらった患者さんが


どれくらいいたことでしょう




そしてそのシャネルも、今年1月に虹の橋を渡って行きました・・・




シャネルの生きていた頃の動画はこちらから




「 下半身動かぬセラピー犬 シャネル



〜緩和ケア病棟の天使たち〜 」のフォトエッセイが






ブックマン社から出ています





北のりんごさんちの愛ちゃんも、セラピードッグの活動を


がんばってますよ




 今日のケイチー 


お散歩に出ようと思ったら、 雨が降り出したでち


しかたなく、 ゴルソックしていたら・・・














みんなに向かってしっぽを  フリフリしたでち


とっておきのおもちゃをくわえて 


見せびらかしたけど・・・





ケイチーも、この毛皮を脱いで 


 みんなと一緒に鬼ごっこしたいでち!っ





今日も近所のお友達とガラス越しに


おしゃべりしたケイチーに


明日は遊べるよ  のポチを



           
        クリックしてね 

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村
comment (6) @ 時事問題
 久々! パパの出番でち ! |  ホームパーティのお土産に♪

comment

Unknown : vanillamama @79D/WHSg
人間だけでなく 犬にだって色んな生き方がありますよね。
どんな生き方が幸せかは 自分が決めること。
自分で決められない動物だからこそ
私達人間が 幸せにしてあげなきゃと思う。
でもシャネルちゃんは 自分だけでなく
他人も幸せな気持ちにさせてしまう。
本当に 偉い子ですよね。
読んでみたいな シャネルちゃんの本。
2015/04/14 Tue 00:33:36 URL
ありがとう、言わなくちゃ・・・ね : バーくん @79D/WHSg
シャネルちゃんのYouTube見ました。
とても穏やかな、優しい眼差しですね。

桜の木の下で、飼い主さんとのお花見。

シャネルちゃんにはたくさんの人達が
元気づけられ、癒され、学んだことでしょう。

私たち人間がシャネルちゃんにしてあげれたことは
どれ位だったんでしょうね。。。

いつもそっと寄り添ってくれた飼い主さんにも「ありがとう、お疲れ様」と言いたいですね。

ママさん、感動的なシャネルちゃんのお話、教えて下さって「ありがとう」
2015/04/14 Tue 08:03:10 URL
Unknown : 金たろ母ちゃん @79D/WHSg
人の痛みが分かる人は自分がそういう経験をしたことがある人が多いと言われます。
動物も同じように虐待を受けていたり、飼育放棄をされていた子のほうが、その後の飼い主さんの愛情が深ければ深いほど穏やかな優しい子になるような気がします。もちろんずーっと愛情を込めて育てられた子たちは別ですが。

自らも障害を抱えているシャネルちゃんの穏やかな表情を見ていると、この先の不安を抱えている方たちもきっと心の中が暖かくなったことでしょう。
患者さんの素晴らしい笑顔、シャネルちゃんもそんな笑顔を見ることが楽しみだったかも?

お父さんに「ありがとう」を言ってるシャネルちゃんの姿に心がとっても温かくなりました。

シャネルちゃんの本、母ちゃんも読んで見たいです。
2015/04/14 Tue 10:52:39 URL
Unknown : pollonmama @79D/WHSg
穏やかな笑顔ですね。
パパさんを見る目がとても優しい。

ずっと一緒がいい。
私にこの飼い主ささんのように、どんな時でもポロンを愛せるといいな。

介護になったら、絶対弱音を吐きそうな私です


2015/04/14 Tue 15:26:00 URL
Unknown : ルー婆さん♪ @79D/WHSg
床擦れ 介護 もうこの単語だけで 言葉になりません…

なのに あの穏やかな表情のシャネルちゃん

ままさん ごめん…

今日は勘弁してください
2015/04/14 Tue 18:13:13 URL
コメントありがとうございます : ケイティまま @79D/WHSg
http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/clover.gif">vanillamamaさんへ

何かを果たすために生かされてる・・・
きっと神様が、足がマヒをしてもシャネルちゃんを
生かしてくださってたんでしょうね。
動物から伝えられるものが、私達の愛よりもずっと大きな意味をもって、幸せを運んでくれていることを
心に刻まないといけないと思います。

人間の方がきっとしゃべれて、なんでもできると思ってるけど、実はできることを生かすことができてないのではとも思います。

優しいお顔がとても印象的ですね。


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/clover.gif">バーくんへ

本当に穏やかでやさしい瞳です。

癌を宣告された患者さんにとって、どんなに勇気づけられて励まされて・・・小さな動物からたくさんのものを
得たと思います。

そうなんです。反対に私達がって思うと言葉になりません。それでもきっとこの優しい笑顔は「私も幸せですよ」って言ってるような気がします。

私も写真集をまだ、手にとってなくて・・・
こちらこそ、ブログをみてくださってありがとうございます。


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/clover.gif">金たろ母ちゃんへ

患者さんにとっては、本当にシャネルちゃん達、セラピードッグとのかかわりがとても心温かいものだったに違いないです。

なかなか自分の病気を受け入れられない患者さんもきっといたに違いないですね。でもシャネルちゃんは
両足を不自由にしながらも、みんなを励まし続けてくれていると思ったら、きっと何か受け止め方が違ってくるかもしれませんね。

シャネルちゃんがありがとうを言ってると同時にお父さんもいっぱいありがとうを伝えているような気がしました。


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/clover.gif">pollonmamaさんへ

本当に素敵なシニアのシャネルちゃん。
きっと若いころは美人さんでショーでもみんなから
注目の的だったでしょうが、きっとその頃より、
こうやってセラピードッグで、優しい人たちに囲まれてすごしている時の方が幸せだったかもしれませんね。

どんな時もずっと一緒がいいです。
介護の頃になってもきっと大好きな息子・娘ですもの。
めいっぱいがんばっちゃうと思いますよ。


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/clover.gif">ルー婆さん♪へ

ルー婆さん、本当によくなさっていますし、
みんなのことをわかってるだけに、シャネルちゃんのこと、いとおしく思われると思います。

人間も動物も支え合いながらも、こうやって、
生かせてもらってる間、めいっぱい誰かのために
役にたてたらいいですね。

ルー婆さん、ありがとう。
2015/04/14 Tue 23:33:42 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する