バナー

 失くしたくない想像力

2013/06/17



                    今日はケイチーママが、福祉に関するお話しを ・・・ 


             いつものパパのお笑いブログじゃないけど、少しお付き合い下さいね 









             その昔、私が初めて知的障がい者の方と関わったのは、電車の中でした


               車内で座っていると突然、隣の男性が私の頭に顎を乗せて来て ・・・ 

                  もうびっくりして、立ち上がってその場を離れました 


             起こった事が理解できず、とにかく周囲に見られてるって事が恥ずかしく 

            その障がいのある方と、どう関わっていいかを考える余裕はありませんでした 









                  時は流れて数十年後、教会で知り合った方のご紹介で


                      今の福祉施設で働くご縁に恵まれた私 ・・・


                とはいえ現場ではなく総務畑で、普段は事務所で電話応対や


                         PCに向かう仕事をしています









          先日、利用者さんの外出活動というプログラムをお手伝いする機会がありました


                 神戸の南京街に行きランチを食べたり、お買い物をしたり ・・・


                       そして、神戸空港へ向かいました 









                 一行のうち、二人の利用者さんは車いすで移動しました  


             常日頃、施設の中で仕事をしていて、利用者さんの不自由を感じることは


                          さほどなかったのですが ・・・


           建物へ入る段差・トイレ・座る場所・車の乗り降りに要するスペース 等々 ・・・


          バリアフリーでない街中では、利用者さんにとってはいろんな問題が起こります 









               神戸空港では、障がい者専用の広いスペースの駐車場がありました


                    車椅子で入ることができるトイレもありました 


                休憩をするスペースも十分あり、先に訪れた南京街に比べると


                障がい者の方々にとって、ゆっくり安心していられる場所でした


               全ての公共の場が、障がい者にやさしい場であることを願います ・・・ 









              ケイティが毎週通うプールやランのあるグランドッグランドさんには


                    時々、障がい者の方々が作業にやって来られます


              私達が勤める施設と同様に、職員が利用者さん達を車で連れてきて


                   施設内の簡単なお掃除をして作業工賃を得るのです


                   そう  グランドッグランさんは、障がい者の方々に


                       働く場を提供されておられるのです 



           障がい者が働ける場とか、作業出来る環境が十分に確保されていない現状の中


       このような理解ある施設があると、皆さんの自立への手助けができ、本当に助かるのです 









               施設の農園で出来た立派なお野菜も、時々売られています 


           とても新鮮で美味しいので、ケイチィ家はよく買って帰って来るんですよ 









     ところで今朝の朝刊の中に、2歳の頃から人工肛門で生きて来られた方の記事が載ってました


               いじめられ自殺未遂をし、救助されて一命を取り留めたものの


          今度は就職先で上司から嫌がらせを受け、とうとう鬱になって障がい年金での生活へ ・・・


                   「 相手の身になって考える想像力が足りない社会 」


                          そんな思いがずっとあると ・・・


                東京都在住の大柿正充さんが、銀の鈴社からご自身の半生を


                         児童書に綴られておられました









        ケイチィの仲間たちにも、障がい者の方ために役立ち働いている子達がたくさんいます 


                ほんの少しでも障がい者の方々のことを知っていただけたらと


                        今日の話題にさせていただきました


                   最後までお付き合い下さって、ありがとうございます 


        実はケイチィも、靴下を脱がせることが出来る、なんちゃってサービスドッグ見習いです 


              ただし、ちょっと手順が乱暴なんで、クレームが出そうなのが難点ですが ・・・ 



                                   
                              クリックしてね  
                       にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村







comment (20) @ 日記
 このオープニング画面といえば ・・・ ? |  パパノミクス崩壊 ?

comment

いろいろあるもんですね : ぽろんぱぱ @79D/WHSg
おいらが通っていた小学校は、知的障害児のクラスはあったのですが、
別途特定の通常児のクラスに普段からいさせるという試みをやっていました。
まさにおいらはそのクラスだったのですが、その時から今も変わらないのは、
差別しないとは、「特別扱いしない」こと、ということです。
本当に同じように扱うのなら、甘やかしてはダメで、ダメなことはダメと厳しくすることが、結局はその子が将来生きていくためになるということを当時の先生に教わりました。
で、どうしても彼らには無理なことが出来たら、初めて補助する、と。
小学生にはそのさじ加減が難しかったですけどね。

今でこそそんな機会はなくなってしまいましたが、
誰もが普通に生きていける社会にしたいものですね。
2013/06/17 Mon 00:18:23 URL
Unknown : 金たろ母ちゃん @79D/WHSg
そうですね。
相手の身になって考えてみる・・・とても大事なことなのに、いつの間にか忘れられているように思います。
子供たちにもそういうふうに教えてきたつもりですが、果たしてそれが身に付いているかどうか?
最近コモモのカートを押して散歩するようになって、ちょっとした歩道の段差やでこぼこに大変な思いをしています。
障害のある方や足の不自由なお年寄りにとってはもっと不便なんだろうな、と思います。
自分の身に降りかかってこなければ気がつかないことが多いかもしれませんけど、社会全体がほんの少しづつ、お互いを思いやれる世の中になるといいですね。

実は空と母ちゃん、今はボランティアを休会しています。空は人と触れ合うことは大好きなのですが、福祉施設や幼稚園に行っての活動が(空を連れて行く母ちゃんにとっても)ストレスになってるようなので、復活するかどうかは今の所未定です。
2013/06/17 Mon 00:26:20 URL
Unknown : さよ @79D/WHSg
少しずつ、バリアフリーが増えてはいても、
車いすの通れる幅を確保したり、段差をなくしたりするのが当たり前
になるまではなかなか遠いですね。
コストのこともあるのでしょうね。
そのぶん、そばにたまたま居合わせた人が手伝うのが当たり前というような意識を
子どものころから育むとか、色々な可能性があると思います。

「相手の身になって考える想像力が足りない社会」
考えさせられます。
世の中のすべての問題は「想像力の無さ」と「無知」から
生まれてくるのだと思います。

想像力も子どものうちから十分に養う教育が大切ですよね。
いつも教室の保護者に「想像力はすべての源」を強調してお話しているのですが、
まずは読書が大好きになってほしいですね。

わっ、かたい話しになってしまいました(笑) あはは。

ワンちゃんには人を癒すつよい力がありますものね。
(そういう私がものすごく癒されています。)
グランドドッグランさんの取り組みに拍手ですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hakushu.gif">
2013/06/17 Mon 00:39:12 URL
Unknown : バーニーママ @79D/WHSg
そうですね・・・
本当にそうです。

皆 同じ人間なんですもの。

お互いがお互いを思いやる・・・
普通のことなのに 現代ではなかなか難しいのかも。

ママさん  ワタシの母は20年近く
身体障害者の施設で働いていました。(現場でしたの)
それはそれは キツイ仕事だったようです。
ワタシ そんな母を尊敬してるんです。

あ めちゃくちゃ話がそれてしまいましたね(汗)


パパさんのブログも モチロン面白いけど
ママさんのほんわかブログ  好きですよ~
http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/usagi.gif">
2013/06/17 Mon 00:43:35 URL
忘れかけた熱い仕事に没頭してた日々 : アロママ @79D/WHSg
 おはようございます
まさに失いたくない・・・
 現場と経理補助と再婚するまで頑張ってました。
欧米諸国から10年20年の遅れのある日本の福祉現場と対障がいをおもちなってる方々への感覚に対応。まだまだ問題は山積。20年ほど前ユタの山奥のマックでね、付随運動のある女の子がノーマルに販売員してました。
 私自身5名の知的障がいのある人の付き添いを1人でしてましたからそこですごく励まされたことを、ママさんブログのおかげで数年ぶりに思い出しました。
 まさに皆さんのコメントのとおりで、ママさんの今日のブログで説かれてる通りだと思います。

 今日もhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0001.gif">朝にふさわしく前向きになれました。
ママさん!ナイスショットhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0024.gif">
一週間頑張ってねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0087.gif">
 http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0063.gif">パパさんは今日明日ゆっくり鋭気をケイチーと養ってくださいね。今朝もありがとう。
2013/06/17 Mon 07:24:58 URL
Unknown : エルフまま @79D/WHSg
確かにママさんのおっしゃる通り。思いやりのある社会になってるともっと障害者の方たちも活動しやすくなるだろうし。

中学生の時は学習障害のある生徒のクラスが別にありましたが体育、音楽、美術だけは一緒のクラスで学びました。(私は3年間一緒でした)

中学生でも中にはちょっとその子達をいじっている生徒もいましたがね。

来週、エルフも本格的にボランティア活動を開始します。4年生相手なんですが今年は去年より犬が苦手だという子がちょっと多かったです。大型犬なのでちょっと心配ですが。1年かけてなれてもらえたらいいなと思ってます。
去年のクラスの生徒達からはエルフは人気があったんですよhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0146.gif">

ママさんのブログはほんわかしていて好きですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0139.gif">

いいお話をありがとうございますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0235.gif">
スマホ、頑張りますねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0206.gif">
2013/06/17 Mon 07:53:50 URL
Unknown : エルと蘭の母さん @79D/WHSg
朝から、ほんわかな気持ちにさせていただきました。
ままさんの優しさや思いやりが伝わってきました(^-^)
ありがとうございました。

ところで、ままさんも歯が痛い?
私達の年頃になるとhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0159.gif">あちこちガタが来て大変だよねぇ(笑)

2013/06/17 Mon 08:16:39 URL
出来ることから少しずつ : リブラ @79D/WHSg
お笑いから突然シリアスな話題になって驚きましたが、これぞケイティブログ!自分の出来ることから少しずつ輪を広げていきたいと思います。働く犬のお助けをしたいと思っていますが、思うばかりです。(悲)
2013/06/17 Mon 08:44:01 URL
Unknown : 綺羅はは @79D/WHSg
公共の場でのバリアフリー・・・・
今まであまり気にしたことはありませんでした。
私の場合は子供が生まれてからのコトですが・・・・
生まれてから実際にベビーカーでの移動とかでちょっとした段差やエレベーターの有無・・・・

車いすの方は本当に外出時には不便さを感じていることが多いんでしょうね。

私の友達も手帳を持っている子がいます。
彼女は数年前に持病の悪化から認定を受けましたが、外見的には健常者だし、無理をしなければ普通に生活もできます。
仕事も普通にしていましたが、手帳を持ってから採用された会社では周りからの対応にかなり戸惑ったようです。
大企業ほど、会社の為に採用って感じで、本人たちのためでは決してないと・・・・
本当に、障害者の方たちのためにお仕事を提供している企業は素晴らしいと思います。
2013/06/17 Mon 10:59:24 URL
相互扶助 : りくくうれん @79D/WHSg
我家の近くには知的障害の皆さんが働く施設や、学校?があるみたいで、毎日の通勤バスでも一人ひとりがんばってる姿をよく見かけます。職場にもいらっしゃいます。

そしてもうすぐ重度身障の方の大きな療養施設が徒歩5分のところにできます。

全てを普通のこととして受け止められたら、特別な存在ではないと受け入れられたら、様々な問題はなくなるんでしょうね。

当たり前のこととしていろんなことを見たいです。
ワンちゃんは差別も区別もしませんよね。

蓮を見てると特に感じます。ヒトもワンコも大好き、子供も大人もお年寄りも大好き、あらゆるハンディキャップを普通に受け止めています。私もそうなりたいです。
2013/06/17 Mon 11:32:33 URL
Unknown : ラピスまま @79D/WHSg
私も昔、知的障害者施設で働いていました。
身体壊して辞めてしまいましたが・・。
そのころから(十年以上前)ノーマライゼーションという言葉は聞いていたのですが、それが現実となるのは難しいですよね。

わんこは、障害ある方もない方にも隔たりなく接しますよね。そういう意味では、すごいなって思います。
そんな面でもわんこから見習うこと、たくさんありますね。

ケイティままさん、ラピスへのお祝いコメントありがとうございました。
2013/06/17 Mon 12:52:58 URL
Unknown : いおりママ @79D/WHSg
何らかの障害を持つ方達を特別扱いせず普通に接するというのは、簡単なようで実はとっても難しいです。

普段から接点があれば、どこまでの手助けが必要なのか、どのように対応すれば良いのか理解できますが、そういう機会は非常に少ないですものね。

その昔、主人の会社に聴覚障害、身体障害の方々がおられましたが、私も初めてお会いしたときには、どう接したら良いのかわかりませんでした。

でも聴覚障害の方には口元を大きく見せてお話すると何とか理解してもらえるし、どうしても伝わらなければ筆記しましたし、身体障害の方は何でも自分でできるようで、全く支障はありませんでした。

むしろ対応に戸惑っていた私のほうが、恥ずかしく思えました。

何か困っている方がいたら見て見ぬふりをせず、何気なく手をさしのべる・・・それで良いと思うのです。

み~んなに優しい社会http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hearts_pink.gif">になれば良いですね!

2013/06/17 Mon 13:00:31 URL
Unknown : さきちまま @79D/WHSg
こんにちは♪

ケイチーままさんは福祉の仕事に携わってるんですね(*^^*)納得です。
コメントの返事いつもいただいて文章からすごく優しい人なんだろうなぁ…と感じていました。

私も以前バスに乗ってた時障害者の男の子に髪の毛を触られ思わず逃げてしまいました。悪気が無いのはわかってます。ただ接し方が分からない。それが正直な気持ちです。




ケイチーちゃん靴下脱がせられるんですか??
さすが!パパリーブといいさすが芸達者さんですね♪
2013/06/17 Mon 16:46:28 URL
やっとわかりました。 : 馬肉大好き @79D/WHSg
ママさんがとてつもなく優しい方なので、と納得できました。
その節は、大変ご迷惑おかけいたしました。
ありがとうございました。
2013/06/17 Mon 17:51:39 URL
Unknown : vanillamama @79D/WHSg
パパさんのブログとは 一味違った
う~んと考える時間を持てるブログですわhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/onpu.gif">
パパさんのは わっと笑ってスッキリするブログ(笑)

ちょっと違うかもしれないけど 子供達には
小さな頃から「相手の気持ちになって考えなさい」と
口を酸っぱくしていってきました。
障害がある人だけでなく 弱い人間もたくさんいるものです。
それが実行出来てきたか はたして自分も実行できてるか
ちょっと「はい!」とは言いにくい…。
私の職場にも 部署は違いますが障害者雇用が。
彼女たちは とても一生懸命に働きます。
ほんの一言 声をかけるだけで
とてもうれしそうに話してくれます。
そんな事で 彼女の気持ちが楽しいものになるならと
毎日挨拶は欠かしませんhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_en2.gif"> 
2013/06/17 Mon 20:11:44 URL
そうですね : ラリーパパ @79D/WHSg
今、大きな企業には○%みたいな割り当て(言葉は悪いんですが)があるんです
もっと多くの人に仕事のチャンスを作ってあげなさいって言われてるんです
でも、会社内はバリアフリーじゃないし、根本的なところから考え直さないとダメですね

みるきぃの病気のことも、記事を見て同じ病気の子が病院へ行って治ってくれたらな なんて思ってます

飼い主もみんなニコニコですよ
2013/06/17 Mon 20:39:11 URL
たくさんのコメントをありがとうございます。 : ケイティまま @79D/WHSg
http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/cat_5.gif">みなさんへ

たくさんのコメントをそしてたくさんの想いを書いてくださってありがとうございます。
こんなに反響があるとは思いませんでした。

外出活動をしたときにふと、このテーマで書いてみたいなって思っていました。

私が最初に勤めた知的障がい者の施設では一緒に働いているという気持ちで7年半ほどをみなさんとすごしました。今日も3年以上もお会いしてなかった利用者さんから名前を呼ばれびっくりしました。

利用者さんからいただくパワーややさしさ、励ましで今まで頑張ってこられたんだと思います。

ですから、高齢になってこられるご両親からはなれても自立して暮らしていける場があることを願わずにはいられません。


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kuri_5.gif">障がい者雇用のお話では企業の現場で障がい者への理解ができるかにかかっていると思います。

たとえば知的障がい者の方々は抽象的な表現を理解するのはとてもむずかしいのです。

「お風呂のお湯がをみていてね」と言われると
お風呂のお湯があふれてもずっと見ています。

「適当に休憩してね」って言われて休憩にはいると
ずっと休憩をしています。具体的に「15分休憩です」と指示しないとずっと休憩してるので怠けてると
誤解されます。

ただ雇用率があるからと受け入れてしまうとどちらにとっても不幸な結果になると思うのです。バニラママさんやラリーパパさんのように障がい者へ歩み寄る努力が一緒に働くということを可能にしていくんだと思います。

今私の施設では職員が手話の勉強会を始めました。
聴覚障がいの方もうちの施設にはいらっしゃいます。たいがいは筆談でコミュニケーションをはかっていますが、手話を覚えるのって外国語をおぼえるみたいでとても楽しいです。(なかなか覚えられませんが)
もちろん、ケイチィままも奮闘していますよ。

ケイチィのお友達のオーランド君、イエール君たちの
パパさんママさんは盲導犬やサービスドッグの引退犬の支援をされています。私も微力ながらお手伝いさせていただいています。

http://www.servicedog.or.jp/" target=_blank>http://www.servicedog.or.jp/

リブラさん、ぜひ日本サービスドッグ協会を始め働くワンちゃんの活動の支援をお願いします。

本当にたくさんの方々の温かい想いをありがとうございます。ケイチィぱぱとともにとても感謝しております。

また、機会があれば、福祉のこと、お話させてくださいね。

たくさんのみなさんの心の灯りがともりますように。
ケイチィも毎日、笑顔でがんばります。


2013/06/17 Mon 23:21:49 URL
そうですね : リッキーパパ @79D/WHSg
高校時代から障害を持つ生徒は二人いましたが
いじめなどなかったですよ

僕の高校は

差別的なことはなかったですね

たいした知能が高いわけでもなく

遊びが大好きな友達ばかりで

まともに授業うけた覚えがないほでの高校

都立高校で私服でした。

毎日バイト人生

授業をサボり喫茶店で朝はモーニング
昼は、ランチ帰りは友達の家か、バイトか、雀荘

そんな僕らでした。

但し、団結力は強く友達の輪は、
悪といわれるツッパリ君からおとなしい奴まで
真剣に考え乗り越えるんです

そんな仲間に囲まれて、福祉など最近よくテレビでも
とりあげられていますが、
不自由な人な方はすきでそうなったわけではないし、
産んだばかりとか、産む前にわかる方の
決断など取り上げられると

凄くかんがえたりしている自分がいます。

毎日仕事人生でなかなか貢献できなくても
街中にて、盲導犬が頑張っているのをみると

泣けてくるときがあります。

頑張れ!と心で叫んでます。

今、自分、我が家で精一杯の家庭も沢山あります
うちもそうですが、
心にはゆとりを常に持つように心がけております。

自分ごときてしまいましたが、今も仕事の合間に
カキコしてます。

お客待ち合わせ時間がきたので、では!


ママのがんばって!
2013/06/18 Tue 10:06:07 URL
Unknown : 繁殖トリオ @79D/WHSg
旦那の伯父が障害をもっていました。
祖父が伯父達が社会の中で生活できるようにと
施設設立を目標に頑張っていましたが
残念ながら病で亡くなり夢はかないませんでした。

旦那が産まれるずっと前のことですが…
その話が旦那の心の中にずっと残っています。

サービスドッグ協会のチャリティー品の中には
障害者施設に依頼し作っていただいている物もございます。
補助犬を持つユーザーさんもまた同じ障害者です。
活動の中で、少しでも助け合いができればと思っております。

いつも活動にご協力ありがとうございますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/dogeza.gif">
2013/06/18 Tue 11:48:48 URL
車椅子は行動範囲が広がりますが・・・ : おっきめの犬が好き @79D/WHSg
昔は車椅子がなかったので、這って歩く、つたって歩くしかなかったのですが、それが筋力強化バランス養成に自然となった様な気がします。車椅子に乗りすぎるとリハビリ忌避に、ある意味つながるのでは、と考えます。賛同される方は少ないと思いますが、私はそう思います。でも這って歩いたり、つたって歩いたりできても、車椅子生活より幸せかどうかはわかりませんが・・・。気分を害されたらごめんなさい。
2013/06/19 Wed 09:48:45 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する