バナー

人の手によって奪われかけた命が・・・

2014/12/20



朝の番組で、災害救助犬の話をしていました


殺処分寸前の子犬が保護されて、救助犬を目指して


訓練を受け、先日の広島の土砂災害でも活躍したという・・・





夢之丞君と名付けられていました


ケイチーもじっとTVの前で凝視しています





殺処分される犬たちは、ガス室の金属の壁をかきむしる音をたて


最期の声とか抵抗する声とか、悲しい声をあげ


後続のグループは、全部それを聞いているそうです


自分がそうなることは当然、予想できるし


非常に精神的な打撃とトラウマをそこで持ちます





まだ、子犬だった夢之丞君は、自分の番が来たと思ったようですが


保護されます





人間におびえます





とてもつぶらな瞳でみていますが、何かしら不安がいっぱいそうですね


夢之丞君は3年の訓練を受けます


攻撃的でなく、臆病でない犬が災害救助犬に向いているそうです


訓練を受け、初めての現場が、あの広島の土砂崩れ現場でした











殺処分寸前で助けられた夢之丞君の繊細さが


現場での遭難者の位置を特定するのだそうです





夢之丞君が立ち止まり凝視したその先には


心肺停止の方が見つかったそうです





この後も災害救助犬として、フィリピンにも出向きました











人の手によって奪われかけた命が、人を救おうと懸命に励む命として


生き続けます


人の手によって奪う命を1頭でもなくなるように


人はこの大切なパートナーを見捨てては


いけないのではないでしょうか?


たとえ、救助犬や盲導犬のようなお仕事をする犬たちでなくても


私達はどんなにか、我が家の動物たちに癒され


励まされ、元気づけられています


幸せを分け合いながら大事に一日一日を


一緒にすごしていきたいと思います





ケイティ、ごめんね


今日は、ぱぱもままも、ちょっと帰りが遅くなってしまったね





ぱぱの靴下、持ってきたらダメだよ〜




            
        クリックしてね 

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村

comment (5) @ 日記
 名曲アワー ♪ | ケイチーハウスの晩ごはん

comment

Unknown : ダイスケ @79D/WHSg
泣けました…

夢之丞くんの今後のご健闘を祈ります。。。
2014/12/20 Sat 08:47:32 URL
Unknown : 金たろ母ちゃん @79D/WHSg
この子の事、昨夜我が家の団欒時の話題になっていました。
人に裏切られても尚人の為に頑張る、そのひたむきさに胸が熱くなりました。
人の都合で生まれて間もなく親から離されて、知らない所へ売られて挙句、人の都合で飼えなくなったから、と保護センターに持ち込まれる。
この子達はそんな犬生をは過ごすために生まれて来たのでは決してないんだろうに。
動物保護法が改正されましたね。飼い主は終生飼養する事が明記されました。これで一頭でも多くのペットが最後のその日まで飼い主さんと過ごすことができるといいなぁ、と思います。
今、まさにそういうことについて学んでる最中なので、長いコメントになり申し訳ありません。
2014/12/20 Sat 11:08:04 URL
Unknown : サリーまま @79D/WHSg
本当に、いい子ですね。
でも、保護犬は、みんな性格がいいと言われていますよね。
恩返しをする犬もいますし。
最近、パピーミルという言葉を知り、色々調べていくうちに、悲惨な現実を突き詰められました>_<
私に何が出来るのか?どうしたからこの現実を終わらせる事が出来るのか?
結局、答えは出ません。でも、今、思うことは、ペットショップから、購入する人を減らす!100%パピーミルでは、ありませんが、売れれば、その分産ませる事が多くなり、悲惨な子が増えるからです。日本もドイツみたいに、ペットを飼うことを厳しくして欲しいとおもいます。
2014/12/20 Sat 12:59:29 URL
Unknown : ラム子 @79D/WHSg
私も泣きました。

本当に一生面倒を見る覚悟で
飼う決意をして欲しいです。

独居老人も気持ちは
分かりますが、
自分がいなくなったらの
先まで考えて欲しい。

引っ越し先がペット禁止だっとか、
聞きたくないです。
ペット可を意地でも探すべきです。

トルコでは行政が去勢や避妊を
させて、元の場所に戻しています。
また、野良犬の狂犬病予防も行政が
行っています。

もちろん、殺処分は禁止です。

トルコでは、変な飼い主に飼われて、
自由を奪われるより、野良犬として
生きていくことが幸せな国です。

私が子供のころは、日本には
野良犬いっぱいいたのに。
何だか寂しいです。
2014/12/20 Sat 23:18:59 URL
コメントありがとうございます。 : ケイティまま @79D/WHSg
http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/clover.gif">ダイスケさんへ

このお話は、朝日新聞の天声人語でも載っていたそうです。救助犬で活躍する夢之丞君、とてもキリっとした
お顔をしていると思いませんか?

これからも活躍して元気でいてくれることを心から祈ります。


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/clover.gif">金たろ母ちゃんへ

ご家族で話題にされて子供たちとも話すってことは
とてもいいことだと思います。

ふとテレビをつけていたら、ケイチーがまず、画面をじっと見ていたので・・・

http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/clover.gif">サリーままさんへ

サリーままが『パピーミル』とコメントしてくださったので私も検索してみました。そういった言葉さえしらな
かったので・・・勉強になりました。

確かに日本の情報は少なく、人から聞いて調べてみるってことはしますが・・・

ラム子さんのように海外で暮らしていらっしゃる方々からのお話もとても勉強になります。

災害救助犬の訓練もきっと大変なのでしょうね。


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/clover.gif">ラム子さんへ

そう昔は野良犬が多かったですよね。
そんな野良犬と関わり合いながらワンコが好きになりました。確かに野良犬を保健所がつかまえにくるって
よく言っていたのを覚えています。

いつのころからか、ぴたりと野良犬を見ることがなくなりました。

野良犬で生きていくことが幸せな国・・・きっと国民のみんなも犬に優しいのでしょうね。共存できるために何ができるかを人間が考えていかないといけないのでしょうね。
2014/12/21 Sun 00:03:07 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する