バナー

 幸福の王子

2014/03/31


以前、パーシー&ロッタのお母さんから頂いたゆりあ(優李阿)さんの本の中に


昔話に登場する動物たちという箇所から見つけた物語です


ストーリーをもっと詳しく知りたくてAmazonですぐに取り寄せをしました





物悲しい物語ではあるのですが、今の私達にとってとても大切なことを教えてくれる物語です


私は小さな頃からぱぱと違って本を読むことが苦手でした


ですから、高校生になるくらいまでは読書感想文の宿題があるから本をしかたなく読んでました


ケイチィぱぱは本当に小さな頃から本が大好きだったようです


なんでもよく知っていますしね


ですから、きっと「幸福の王子」のお話ご存知の方もたくさんいらっしゃることと思います


ストーリーは何不自由なく生きた王子が、亡くなってから、金箔をはりめぐらされ、宝石をはめこまれて


街の広場に像として立っているところから始まります


そこへ南へと、つばめがみんなより遅れて飛んでいる途中に、この像の足元にお宿をとろうとします


が、雨が降っていないのに冷たいものがかかります


この像の王子が涙を流しているのでした





見晴らしのよいところに立ちながら、街のたくさんの不幸な人の生活を見てしまうのです


この王子はとても優しい心の持ち主で、そんな不幸な人へ自分にはりめぐらされた金箔や宝石をはがして


このつばめに不幸な人のところへ届けることを頼みます






ある時は、「あのマッチ売りの娘は溝にマッチを落としてしまってお金を持って帰ることができなくて


父親に殴られるので泣いているんだ。靴下も靴も履いていなくて、冷たい手には手袋もない。


私の目(宝石)をえぐりだして彼女にやってくれないか。そうすれば殴られなくてすむんだ」


何も見えなくなってしまう王子は「できない」というつばめにぜひにと頼む





王子のおかげで、街の貧しい子供たちは顔もバラ色になり、通りで笑いながら遊べるようになります


その一方で、つばめは目が見えなくなった王子のそばにいて、昔、見てきたエジプトの話などを来る日も来る日も王子に話し続けます


やがて、寒い冬がやってきますが、王子のそばを離れようとしません


死ぬ時がやってきます


「王子さん、さようなら。あなたの手にキスしてもいいですか?」


「つばめ君、とうとうエジプトに行くことになってよかったね。君はここに長くいすぎたもの。でも君が好きだから


キスするなら、唇にしてくれないか。」


「僕が行くのはエジプトじゃないんです。死の家に行くんですよ。死とういうのは、眠りの兄弟ですね。違いますか?」





つばめはキスをすると足元に落ちて死んでしまいます


王子も鉛の心臓がぱちっと二つに割れて・・・


みすぼらしい像は必要がないと処分されますが、この割れた鉛の心臓は炉の中でも溶けません


捨てられた鉛の心臓のそばに、つばめの死骸が横たわっていました





神様が天使に


「この街で、一番尊いものを二つ持ってきなさい」と言います


天使はこの王子の鉛の心臓とつばめを持っていきます


神様は天使に言います


「お前はいいものを選んだ。私の天国の庭では、このつばめは永遠に歌い続け、幸福の王子はずっと私と共にいるだろう」


私達は幸せとは贅沢な暮らしができて何不自由なく暮らせることと、思いがちです


しかし、果たしてお金があれば幸せなのでしょうか?


自分を犠牲にしても他人の幸せを願うことのすばらしさをこの物語は伝えているのではないのでしょうか?


物質的な豊かさがけっして幸せではなく、心の豊かさの中にこそ幸福があると気づかされた王子は人々の幸せのために


自らを差し出そうと考えます


つばめはそのお手伝いをして、何故だかあったかい気持ちになれることを経験します







私達のわが子たちは自ら何かをしようと思ってはいないのでしょうが、私達にたくさんの幸せを運んで来てくれます


私達も彼らの力を借りて、人々の心に幸せを運ぶことができるのではないでしょうか?


そしてわが子達の一生の住み家とあたたかい犬生を、何があっても守ってやらないといけないのではないでしょうか


たとえ、彼らが病気になろうとも…老いて介護が必要になろうとも


どんな事情があるにせよ、私たちの家族なのだから


最後の最後まで努力して、かわいい我が子を手放すことだけはしてはならないのではないでしょうか


つばめは王子をおいて、もっと早く南の暖かい土地へ飛んでいくこともできたでしょうに…


寒い冬を越せないこともわかってるつばめが、共に最期まで王子と生きぬいた尊い優しさを


私達の家族は持って私達のうちにやってきたことを忘れてはならないのです





いつまでも笑顔で私達を癒し続けてくれるこの子達を一生、大切に守り抜く責任が私達にはあるのです








            
       クリックしてね  


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村



comment (13) @ 日記
 ヤマトナデシコ ○変化 ? |  空浮きいちご

comment

Unknown : さんたパパ @79D/WHSg
風の便りで僕と飼い主が残念だって言われてるって聞いて我慢できなくなったさんたパパです。

あなたは、何を知ってるのですか?

まず、僕の家族は年老いたおふくろとさんたとノエルだけです。よろしく。

飼い主がひとりで生きるために派遣辞めて正社員の職に就いたの知ってますか?
その半年後病気の為に自宅療養になり無収入になった事、知ってますか?
病の原因が同居人で別居しなければならなくなった事、知ってますか?

幸い家にはおふくろが居て、多少不安もあったとはようですが、
先入観も偏見もなく優しく看病してくれるので、
家で病気療養してもらってます。

あなたは、犬は大切、宝物、最期まで看取ってあげる責任、その覚悟云々、
事あるごとに、これみよがしに語ってますが、
そんな事、いちいち言われなくても解ってますよ。
人間として当たり前の事でしょ。
ノエルはうちに来た1日後発病して2週間集中治療室で生死を彷徨った子ですからね。
ショップに交換するって言われて、ふざけるなって、
先生に最善を尽くして下さいってお願いしましたから。
お陰様で奇跡的に今も家族です。
あっ、飼い主も、決して経済的に恵まれてないのに先代の子の時は最後まで看取ってましたよね。
あなたの方がよくご存じでは?

解りますか?
問題は、一緒に暮らせなくなった時ですよ。
フランダースの犬のように凍死したら良いのですか?
あなたの信じてるイエスは、
僕が保護した事を、いけない事だと言いますか?
生活能力を失った為に犬を手放そうとした飼い主を、捨てるのじゃないですよ、より良い居場所を探してあげる事が、いけない事だと言いますか?

僕は、あなたが排他的なところがあるので相談しても無駄だって言ってたのですが、
藁をも掴む思いで飼い主が送ったメールに対するあなたの言葉、
予想以上に残念でした。

僕は無宗教だけど、もう少し慈悲深いですよ。
日本語、解ってもらえましたか?無理なんでしょうね。
2014/03/31 Mon 01:04:42 URL
Unknown : もこ&きなこのママ♪ @79D/WHSg
私は、もこ(ゴールデン)を迎え入れるその時も、幼い時からの犬への恐怖を持ったままでした…

だけど、一緒に暮らしたい!と決めたのは犬恐怖症の私。
皆、驚いてましたし、私自身も驚きでした(笑)

毎日一緒に過ごし、いつも寄り添ってくれたもこに凄く感謝して、かけがえの無い存在です。
もこ&きなこ(コーギー)の喜びは、ママの喜び♪
大それたことは出来ないけど、娘になってくれた以上、ママとしてのお役目は頑張りたいと思います!

ケイチーちゃんの笑顔の写真を見ると、毎日のパパさんとママさんの愛情が分かりますよ☆
犬だから…とか飼い主は…というより、お互い【子育て♪】を楽しみましょ^_^
2014/03/31 Mon 01:41:21 URL
Unknown : さよ @79D/WHSg
このお話、子供のころに読んですごく憶えています。
とても印象的な話だったからでしょうね。
その本の挿絵までよく憶えていますよ。
子供心にツバメさんみたいに自分はできるのかなあ~って
思ったことも。



2014/03/31 Mon 02:24:45 URL
Unknown : さくら&クロちゃんパパ @79D/WHSg
いつだろう?この物語読みました?読んで貰いました?話は分かります。

ペットとして飼われるワンコ。
そのワンコの犬生は飼い主の人生に大きく
左右されます。お金持ちの飼い主もいれば、その日暮しの飼い主もいるでしょう。自分はごく普通の家庭持ちで、ワンコを飼ってます。
自分が思うワンコの幸せは犬の十戒のように行けば理想だと思ってます。ずっと最期迄一緒だよって云うのが、そこに行く迄、楽しく生きて行こうねってのがね。
でも、実際は難しい!飼い主の病気もあれば、事業の失敗とか様々な理由でワンコと分かれなければいけない人もいる。その人達も好きで分かれる訳ではないのは誰もが分かってること。そこに至る迄、日々ワンコと楽しく過ごせたか?この子にしてやれる事はやってあげて喜ぶ顔を見る事が出来たか?それかなって思うんです。
日常でワンコと触れ合い、おやすみって寝る時に双方が穏やかに寝れる、それが幸せでしょ。それを維持出来るように仕事も頑張って、病気も良くなるように、職を身に付けようとか切磋琢磨するんでしょ。
絶対行けないのは虐待や飼育放棄。自分が思うところです。

先般、里親募集に応募しましたが、残念ながらイイお話には至りませんでした。考えの違いがあったのも事実ですが、その方の話も分かります。その点勉強になりました。

人それぞれ価値観が違います。だから争いが絶えない。今このコメでそれが見えるとこがありますが、ワンコ大好きって思う気持ちが一緒なんだから、ここから大きな話にならないで欲しいです。
2014/03/31 Mon 08:56:00 URL
Unknown : カムイママ☆ @79D/WHSg
私も、小学生の頃から読書は苦手でした・・・だからもれなく漢字も苦手で(笑;)
でも、文字と数字と時間に追われる職に就いたのをきっかけに、そうも言ってられなくなり・・・
そして、色んな方のブログを読んだりするようになってからは、興味のあることは、どんな分厚い本でも のめり込んで読むようになりました(笑)
今日も、ままさんのブログ、心を熱くしながら読ませて頂きました☆
お金がものを言う世の中なのかもしれないけれど、お金だけでは幸せにはなれない。と、私もそう思います。
幸せの形は、人それぞれなように、ワンコにとっても、きっと、それぞれの幸せがあるのだと思います。
我が家も、カムイの一生を預かる!との思いで、カムイを家族に迎えました。
我が家はカムイに、我が家なりの事しかしてあげられないけれど、カムイが私達夫婦と一緒に、素敵な毎日を過ごしてくれれば、それでいいのかな…そう思います♪
「精一杯のことをしてあげたい」、「一緒に色んな所へ行きたい」など、色々思いますが、
それが私達夫婦のエゴにだけは ならないようにしたいものです(笑;)
コメント欄を拝読していると・・・皆さま それぞれ ご事情がある方もいらっしゃるご様子ですね。こんな我が家にも事情は色々とあります。。。
カムイにまで及ぶ事情ができた時が来たとしたら、その状況により、カムイにとって一番の幸せを選択することが、私達夫婦の責任なのかな・・・と思います。
が、その「幸せ」って、十人十色、いろんな考え方があると思うので、飼い主それぞれの選択になることも有るのかもしれません。
我が家も、カムイの笑顔をしっかりと守り続け、最期まで守り抜きたい! と、そう思います。
ところで! ケイティちゃんは いちご丸ごと行けちゃうんですね!(笑) カムイは・・・丸ごとだと 上手く食べられず困ってる様子なので、いつも5ミリ角切です(笑;)
2014/03/31 Mon 13:13:58 URL
Unknown : pollonmama @79D/WHSg
考えは様々です。
共感してくれる人は良い人で、異議を唱える人は無慈悲や悪い人ではありません。

幸福の王子は、まさにキリスト教の自己犠牲がテーマです。
一般にこの宗教は寛容で慈悲深いと理解されていますが、何より自己犠牲が求められます。とても深く厳しいものです。
キリストの実母マリアは、息子キリストの十字架を前にして、これも神のお恵みと受け止めます。
私には出来ないことです。

ケイティままのお人柄や なされているお仕事・ボランティアをこちらの読み手さんたちは知っています。
ケイティままの信じる道のことを、とやかく言う権利は誰にもありません。

どんな理由であれ、一緒になられないと言われた犬は悲しいです。

そして人のところで長々と書き込みは失礼です。
自分の場を設けて主張してほしいです。
ブログも数分で開けますからね。



2014/03/31 Mon 13:37:54 URL
Unknown : pollonmama @79D/WHSg
ごめんなさい。

「一緒にいられないと言われた犬は」です。
2014/03/31 Mon 13:40:15 URL
Unknown : エルフまま @79D/WHSg
このお話ちゃんと本を読んだことはないけれど
なぜだか知ってます。

幸せの形も人それぞれ、お国が違っても違うし同じ日本人でも違うし。それは仕方のないこと。

犬も同じ。ペットとして割り切って飼っている人もあれば、家族として飼っている人もある。

どれが一番幸せなのかなんてだれにもわからないことではないでしょうか?

家の事情もあるし環境も違うし、それぞれ幸せと思えていればいいことなのではないでしょうか?




2014/03/31 Mon 14:15:53 URL
Unknown : さんたパパ @79D/WHSg
失礼なのは百も承知の上ですよのさんたパパです。

愛犬との暮らしが素晴らしい事だと理解しているのなら、
愛犬を手放さなければならない人の心の痛みにも、
配慮が必要じゃないですかって事です。

何故か怒りが込み上げてくるのですよ。
短文にて、悪しからず。
2014/03/31 Mon 15:44:50 URL
アロポンの居ない生活なんて。 : アロママ @79D/WHSg
ミルクの入って無い~カフェラテ。
成り立たないし あり得ない。
ってまでアロハとの暮らしにドッブリの現在進行形。

しかし、離れ離れを余儀なくされた場合
自分の気持ちがどうなって…
結末は どうなるんだろう。
そうならないための努力。誰をも傷つけずいられるのかな?悲しいけどそれは出来ないでしょう。
答でないけど出会った限り最後まで添い遂げたい。
命有る限り。

明日はもっと暖かいのかな?
値上げ後、初めてのプールを、明後日にひかえ
お早めにおやすみなさいましっ。

ママさん年度始め~がんばれー!
パパさん リコールのアレコレはビークすぎましたか?いつも、楽しいブログありがとうございました。
2014/03/31 Mon 21:36:18 URL
Unknown : 金たろ母ちゃん @79D/WHSg
幸福の王子、子供の頃に読んで「こんなふうに優しい心を持ちたい」と思いました。

人に優しくするのはとても難しいです。

経済的に豊かな人がすると、ともすれば傲慢だととられるかもしれないし。
その日その日を一生けん命に生きているときには人の事にまで心を砕く余裕もないし。

それでも自分よりも不幸な人がいたら、その人の為に何かできないだろうか?と手を差し伸べられる心の余裕が持ちたいです。

ケイティママさんはそれが出来る人だと思います。
決して排他的ではないですよ。

様々な事情があるでしょうけど、少しでもかかわりのあった子たちが幸せに暮らして行って欲しいと思います。

なんだか書きたいことがたくさんありすぎてめちゃくちゃな文章になってしまいました。
ごめんなさい。
2014/04/01 Tue 20:41:08 URL
コメントありがとうございます : ケイチーパパ @79D/WHSg
http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/panda_1.gif">もこ&きなこのママさんへ

犬恐怖症だったんですね~

愛犬との生活っていい事も悪い事も色々ありますが
その色々が何年も積み重なって、やがて
かけがえのないモノになるんでしょうね♪

お互い「子育て」頑張りましょう♪


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/panda_1.gif">さよさんへ

この話、ケイチーパパは知りませんでしたが
なかなか深いお話しですよね~

人として、あるべき姿の黙示録なんでしょうね・・・


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/panda_1.gif">さくら&クロちゃんパパさんへ

寝るときに双方が穏やかに眠れる・・・

いい表現ですね♪

その日、色々あっても、家に帰って愛犬の顔を眺め
一緒に床に就けば、全て忘れられる・・・

そうありたいですね☆


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/panda_1.gif">カムイママさんへ

私達がしてあげたい事がエゴにならないように・・・

簡単な様で難しい事ですよね~

人へも犬へも、自分の想いを押し付け過ぎない様に
その加減が実に難しいです。

ケイチー、いちごは丸ごと派でち!


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/panda_1.gif">pollonmamaさんへ

寛容ではなく自己犠牲、とても深く厳しいもの・・・

とても勉強になります。

異議を唱える他者の意見に、いかに耳を傾けられるか
自分を成長させてくれるヒントは、実はその他者の
意見の中にあったりしますから・・・

な~んて、些細な事でよく夫婦喧嘩する分際で
偉そーな事言ってみたりしてね(笑)

いつもママのフォロー、ありがとうございます♪


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/panda_1.gif">エルフままさんへ

確かに犬を飼う環境は千差万別、十人十色ですね。

外飼いであろうと室内飼いであろうと、
貧乏であろうとセレブであろうと、
その犬が幸せがどうか、その犬の目や表情を見れば
一目瞭然なのではないでしょうか?

夫々が出来る範囲で、愛犬に心を配りたいもんですね♪


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/panda_1.gif">アロママさんへ

出逢った限りは最後まで・・・
最初はみんな、そう思うんでしょうね。
でも、それがなかなか難しい・・・

別れ別れになるという選択肢が浮上しないくらい
一緒の時間を輝かすってもの方法かもしれませんね☆


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/panda_1.gif">金たろ母ちゃんさんへ

人に優しく自分に厳しく・・・
これってなかなか難しいですよね(汗)

慌ただしい日々の生活の中、心に余裕を持つ事って
難しいです。
ただ、愛犬からの癒しをエネルギーに変えて
他者への思いやりの心を養いたいです。

いつも温かいコメント、感謝です♪


2014/04/03 Thu 10:28:43 URL
さんたパパさんへ : ケイチーパパ @79D/WHSg
辛辣なコメント、ありがとうございます。
多忙と体調不良でコメ返が遅くなり、申し訳けありません。

まず、風の噂で自分と同居人が非難云々とありますが、
家内にとってはこのブログ、以前から書きたくて
ずっと温めていたネタに過ぎす、決して貴方方を
指して書いたモノではありませんよ。

余計なお世話かもしれませんが、さんたパパさん、
少々知覚過敏になってやしませんか?

方々のブログで長いコメを残し、自己弁護に躍起に
なっておられるご様子ですが、自身の行いに自信が
お有りなら、もっと泰然と構えておられた方が
いいのではないでしょうか?

変えれるのは自分と未来だけで、過去と他人は
変えたくても変えれませんよ?

何度かお会いさせて頂き、コメ返も頂く過程の中で
私が抱く、さんたパパさんのイメージは
「寡黙で温厚で正義感溢れる愛犬家」でした。

ですから今回、貴方方の一連の行動の様々な噂を聞き、
(聞きたくなくても自然と耳に入ってきますので)
特に貴方が某里親(ブリーダー)にとったとされる
言動を聞いた時、上記の貴方へのイメージとの相違から、
私には、にわかに信じられませんでした。

ですが、今回の貴方の各ブログへの攻撃的なコメントを
見るにつけ、私の中での貴方のイメージは残念ながら
少しずつ変わって来ました。

失礼は承知の上と謳いながら、他人のブログに幾度も
自説を長々と書き込む横暴さ加減・・・

読みたくもないのにその自説を読まされ、気分を害する
多くの第三者(ブログ訪問者)の存在を意に介さない
自己中心的さ加減・・・

そして、自らを棚に上げて家内を排他的と罵る
他者攻撃性加減・・・・

さんたパパさん、貴方が足掻けば足掻くほど、
貴方の評判は下がってしまいますよ?

私はその事が、すごく残念でなりません。
それは貴方の意図する事ではないはずです。

貴方は自分の行いに、自信がお有りなんでしょう?
置かれた状況で、最善を尽くしておられるという
自信がお有りなんでしょう?
じゃあ、それでいいじゃないですか?
なぜ他人のブログや意見に、そこまで躍起に反応するのですか?

読んで心外なら、読まなきゃいい。
ブログなんて、そんなもんでしょ?
義務教育の必須科目じゃないんだし・・・
ましてや長々と、お門違いの自説を書きこむなんて
それこそ貴方の方こそ排他的ではないですか?

走ってる本人から見える景色と、その走者を周囲から
眺める人が見る景色は、自ずから違って当然です。
つまり、貴方方が見てる自身の姿と、私達が見てる
貴方方の姿も、違って映って当然なんです。
だって人は夫々、価値観が違うんですから・・・
それは何人たりとも逃れられない、自然の摂理でしょう?

貴方と家内と、どっちが慈悲深いかなんて、
んな事比べても何も生まれませんよ?

愛犬を手放す人の心の痛みに配慮しろとおっしゃるなら
まず先に、貴方自身も他のブログ読者への配慮が
必要なのでは?

「他人を攻撃するなら、まず自分の中にある同じものを
徹底的に攻撃してからでないと、いけない。」

太宰治の言葉です。

これ以上、不毛な議論はしたくありません。
さんた、ノエルと遊んだ日を、忘れたくありませんから・・・

貴方方の前途のご多幸を願って止みません。


2014/04/03 Thu 11:54:08 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する