バナー

 ベストセラー ☆ 

2018/06/05









本 005






本 004





君たちは どう生きるか …






表情加湿器 029





 











さぼちゃんとお兄ちゃん 113






さぼちゃんとお兄ちゃん 115






さぼちゃんとお兄ちゃん 114
 




手短にトイレ休憩を切り上げ


早くプールに復帰したい河童さんなのでした … (#^.^#)






サボプールコストコタオル 006



明日は明日の風が吹く刹那主義者のケイチーに

応援のポチ お願いします 



にほんブログ村        


スポンサード リンク
comment (2) @ 日記
 セミセルフシステム  |  ギャングの手口 

comment

: 漣 @-
「君たちはどう生きるか」戦後すぐの著書だと思っていたのですが
昭和12年刊行だったのですね(実はまだ読んでません・・・笑)
昭和12年といえば戦前で日本の国力がマックスだった時期なので
いろんな思想を持つ知識人たちが自由に書いていたのでしょうね
でもよほど強いものでないと
思想は現実の前にはやっぱり脆いものなのかな〜という気もちょっとします

ワンコプールですが、地下水なのですね
それでいつも水が綺麗なのですね、とても贅沢な場所だと思います
私も以前温泉入りの屋内プールを利用していたことがあるのですが
本当に水がぬるっとしていてゼリーの中を泳いでいるようでした(笑)
とても気持ちよかったです
2018/06/05 Tue 12:36:47 URL
ケイティまま : 漣さんへ @-
こんばんはー!著者の吉野源三郎さんは明治生まれの方のようですね。
こちらの本、漫画でつづられたものも出されていて、とても読みやすくなっています。
大人が読んでも十分読みごたえがあるもので、きっと、子供たちにも読んでもらいたい
大切な本の1冊だと思います。

たまたま、テレビで池上彰さんがこの本をドラマ化して紹介されていたのを見て
本屋さんでさっそく買いました。

今でいう道徳の分野のお話が語られていて、保護者としてどう子供たちに説明していけば
いいかなっていうヒントにもなるのではと思いました。

プール、そうなんですよ。人間は入れないですが、冬でも年中楽しめるところです。
ケイチーさん、こちらの水温に慣れ過ぎて、昔、琵琶湖のお水が冷たくて入れなかったことが
ありました。みんなに笑われていました。
2018/06/06 Wed 02:04:55 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する