バナー

FC2ブログ

 お疲れさまでした

2021/04/04




田中邦衛さん


21年に渡り


厳しい大自然の北の大地で暮らす


父・兄・妹の家族の物語


『 北の国から 』


昭和の時代の


心に灯をともしてくれた作品で


演じ続けてくださってありがとう




001_家族子供の頃




帽子のうさぎのマーク




images ウサギ印の帽子




不器用で言葉少ないけれど


蛍ちゃんや純君のいいお父さん役でした




photo_01.jpg




子役だった二人も




img_bc950063a75998d8cd7ff2866b4ee04013383成人になってから




こんなに立派になって・・・



純君が中学を卒業して東京に出て行くシーン

↑ をクリックすると北の国からを話題にしたケイチーブログにリンクします


ケイチーぱぱの心に一番残ってる場面です


トラックに乗せてもらうお礼にと


五郎さんが渡した1万円札2枚には泥がついていました


ドライバーの古尾谷雅人が


『 一生とっておけ お前の宝物にしろ 』


と 純君に渡すシーン


五郎さんの息子を思う気持ちで


涙が溢れます


たまたまこの記事を先に書いていたのですが


昨夜 このシーンのあった『 ’87初恋 』 が


追悼番組でながれていました





私の心に残っているシーンは


年末に鮭を1尾さげて


お世話になっている先生にと


蛍ちゃんを訪ねるシーン


複雑な親心を演じる五郎さんでした





0c田中邦衛




もう88才になっておられたなんて・・・


3年前に亡くなった父と3つ違いです




純君役の吉岡秀隆さんの追悼の言葉


『 自分の覚悟の小ささとあなたの大きな優しさに


涙しかありません 』


いつかはこんな日が来ると思いながらも・・・


その想い 


父を見送った想いと重なります




original黒板五郎1





純君と蛍ちゃんの素晴らしいお父さん


はにかみながら 二人の成長を喜び


そしてこれからも 


私達の大切な北の国からの作品で


会いたい時に会える黒板五郎父さん


耳元であのぼそぼそとしたしゃべり口調で


声かけてくれることでしょう




心よりご冥福をお祈りします





IMG_8440アニーゆきあそび駆ける



昭和の時代の素晴らしい俳優さん達の旅立ちに寂しさと覚えるケイチー家に

慰めのポチ お願いします 



にほんブログ村 

人気ブログランキング

スポンサード リンク
comment (-) @ ケイチーまま