バナー

FC2ブログ

生きる力と笑顔

2018/11/04




10月の中頃だったでしょうか・・・




ゴールデンの話題がNHKのニュース9に登場しました




DSC_1216.jpg




ファシリティドッグのベイリー君 10才




DSC_1175.jpg





9年間のお仕事を終えて引退しました




DSC_1210.jpg





闘病生活の子供達を癒し、励まし続けました




DSC_1180.jpg





DSC_1185.jpg





DSC_1195.jpg





医師や看護師だけでできないことも




ベイリーの魔法ですんなり・・・




例えば、ベイリーがいるだけで、泣かずにすんだ




治療がスムーズに行えた




痛み止めの薬を減らすことができた




手術室にむかう子供たちに元気をくれた




ベイリーがそばにいてくれることで




一緒に治療を乗り越えられる




そんな大きな存在なのです




DSC_1199.jpg





ベイリーは病棟に行くのを




『 嫌だ 』 と言ったことは一度もないそうです




自分が心待ちにされてることがよくわかっていたそうです





DSC_1214.jpg





ファシリティドッグは 2000年ごろアメリカで始まったそうです




日本ではまだ、ベイリーを入れて3頭




ハンドラーは臨床経験のある看護師さんだそうです




DSC_1208.jpg





感染症への不安から理解が進まない




1頭が活動するために




年間約900万円の活動費がかかるそうです




そんなわけで、国内での普及は進んでいないそうです




DSC_1374.jpg





重い病気の子供たちが生きるため




そして、辛い入院生活を笑顔ですごすため




ベイリーのようなファシリティドッグの存在が




どこの子供たちの病院でもみられるように




広がることを願っています




ファシリティドッグの写真集が発売されています
(↑をクリックしてください)


MY BEST FRIEND AT THE HOSPITAL

~子供たちの目にうつったファシリティドッグ~




DSC_1409.jpg



ケイチーもセラピードッグのお仕事を引退しましたが

ファシリティドッグ・セラピードッグはじめいろんなお仕事をしてがんばってるお友達に

応援のポチ お願いします 



にほんブログ村 


人気ブログランキング

スポンサード リンク






comment (6) @ 時事問題