バナー

FC2ブログ

 本田宗一郎と水洗便所 

2018/04/10







先日の社内研修で、親会社の創業者であるこの方の


とあるエピソードを学んだケイチーパパ …






786.jpg





昭和28年、まだ汲み取り式便所しかなかった時代に


当時従業員数十人の本田技研の工場に


水洗便所の導入を掲げた、本田宗一郎 …






454.jpg





この一風変わった、突飛とも言える方策の裏には


実は経営者として込めた、とある深い意義が …


以下は、その本田宗一郎名言集からの抜粋です






SoichiroHonda.jpg





一般に製品の改良されないのは

技術の未熟に原因があるように信じられているが

実はそうではなく、技術よりも

その工場に働く人の 徳義心 が欠けていることに

より多くの原因があるものである。
 


例えば或る会社の自動車は

今以てガタガタのジョイントをそのままにして直そうとしないが

ガタガタしておることは前から気付いており

又技術的にも充分改良できる力を持ちながら

やはり改良しない …



これは改良するだけの熱意 … 

つまり、自分の会社の製品を買つて下さるお客様に対し

できる限りのサービスをしようという

徳義心 に欠けているからなのだ。



近代工業では、大衆の気持を察し、大衆が喜び

大衆が愛する製品を作る会社のみが

大衆に愛され繁栄する。そしてこのことから

自分の仕事に対する誇り も生まれ

自尊心 もできる。



もし、真にお客様に対するサービスの精神

即ち 従業員としての徳義心 を持っているならば

どのように苦心をしてでも工夫をし

改善してお客様の満足を得るはずだ。




お客の満足を得ないのは

満足して頂こうという心がないからだ。


仕事の根本は、やはりその人の徳義心にある。

高い徳義心は、必ず優れた創意工夫を生むものである。



従業員諸君に、私が 「 工場を綺麗にするように 」 というのは

外面を繕うためではない。

工場を汚くし、不整理、不整頓のままにしておいて

顧みないような心からは、決して優れた製品は生れない。


工場は全従業員の生活する処だ。

ここを整えようという心のない人に

優れた製品が作れるはずがない。


心はそのまま製品に通ずるものだ。



埼玉工場を建設する時、私が先ず水洗便所を作り

又工場の機械や建物に色彩を施した事(カラー・ダイナミックス)も

整えられた環境が、優れた製品を作る高い徳義心を養うことを

知つていたからである。


創意工夫は技術だけではない。その職場々々で

仕事に対する高い徳義心のあるところには

必ず優れた創意工夫が生まれ


よい改良があり、進歩がある。







あたまの上 059





過去の社内研修でその遺訓を学び


よく知っていたつもりでしたが


改めて凄い方だなぁと …


アメリカにある世界自動車殿堂


日本の自動車メーカー経営者として


初めて顕彰された
、本田宗一郎 …


その選考理由は、単にホンダ製品の優秀さだけでなく


彼が持つ、こうした経営者としての優れた矜持


世界中で高く評価されたからなんでしょうね ☆






20120418232627.jpg





そんな創業者・本田宗一郎のDNAがいっぱい詰まった


ホンダのクルマとバイクたち …


みなさんのパートナーとして1台、如何ですか ? (#^.^#)






明石公園桜2018 042



何 ? 結局ただの番宣 ? なケイチーに

応援のポチ お願いします 



にほんブログ村        


スポンサード リンク
comment (8) @ ケイチーぱぱ