バナー

あるGRのお話

2014/12/25


Merry Christmas!

少し、暖かなクリスマス  イブを迎えました





河童ケイチーのお水の日です


クリスマス  イブに誰か、プールに来てるかな?って


ケイチーぱぱと話していたら


夏  にお会いしたチョコラブのミミちゃんが 


前の時間に泳いでました


ミミちゃんパパさんとママさんと再会を喜んで


おしゃべりが盛り上がりました 


一緒の時間には  イングリッシュゴールデンのビアンカちゃん


またこの様子は、後日 ブログにて・・・







先日、ゴル友達のママさんのお見舞いにお友達と


病院に行きました 





先月のある日、おうちで 掃除機をかけていたそうです


急に、体の力がストーンとぬけて、倒れてしまったそうです


頭ははっきりしてるのに、体に力が入らず、手足が動きません


とにかく、ご近所に電話をかけようとしますが


どなたもお留守でかからなかったそうです





少し高い所に、携帯を置いていたので


近くにあった棒で落として、近くに住むお孫さんのおうちに電話をしました


幸い、学校から帰ってきていたお孫さんがでて、とんで来てくれたそうです


お孫さんは、自分のお母さん(娘さん)に連絡をとり


娘さんが職場からかけつけ、すぐに救急車を呼んだそうです







おっとりとしたゴールデンのMちゃんは異変を感じたのでしょう


ママさんが 倒れてすぐに


玄関にあったゲージを飛び越えて、ママさんのところに行き


顔を一生懸命舐めていたそうです


たぶん、気を失わないようにと思ったのでしょう


ママさんは Mちゃんのおかげで時間が短く感じたと言います





ママさんは普段から血圧が高いのに、お薬を飲んだり、飲まなかったりしたそうです


その時も200を超えていたそうです


Mちゃんはずっと顔を舐めて、ママさんのそばから離れなかったそうです


救急車が来てはじめて、娘さんに促されて隣の部屋に行ったそうです





ママさん曰く、「 Mちゃんがいなかったら、私どうなってたか、わからない。


きっと、ケイティちゃんもそんな時になったら、同じことをするわよ。


もう、私、この子にはとても感謝しているの。」





救急車が到着したときは体の痙攣が始まっていて


とても危ない状態だったそうです


最初の病院で脳出血と診断され、幸い、手術は免れたそうです


今は近くの病院に転院して 左足をリハビリに励む毎日です





ママさんは、「 リハビリをがんばらないとMちゃんに会えない


先生にこんなに早い回復はないと言われるほどなのよ。」





廊下を一人で歩くママさんの後姿をみて、ホッとしました





ゴールデンだけではなく、いろんなワンちゃんたちに助けられる飼い主さんの


お話は何度も聞いたことがあります


でも、こんなに身近にいるおっとりとしたMちゃんが


大活躍して大切なママさんを救ったお話に


とても感動しました






ママさんは、Mちゃんに会いたくてしかたないと言います


転院の時にひと目、Mちゃんに会えたらと思ったそうですが


Mちゃんがまた帰ってこないママさんを


ずっと玄関で待って悲しい思いをしてはいけないと・・・


退院まで我慢して、リハビリを頑張られるそうです





今の予定では年末に外泊で1泊おうちに帰れるそうで


外泊して問題がなければ、新年早々、退院できるとのことです






ケイチーの大の仲良しのMちゃんですから


ママさんが外泊で帰ってこられたら、会いに行こうと思います




クリスマスの次の日だけど Mちゃんへのビッグなクリスマスプレゼント


大好きなママさんが、早く退院できますように









今夜のイブは皆さん、いかがおすごしですか?





今日もお水の日で いっぱいスプラッシュして


ビアンカちゃんといっぱい遊んで


いつものSAのスタバでお友達4頭と待ち合わせ


久しぶりにおしゃべりして・・・


夜はケイティサンタして大活躍だったケイチーにご褒美のポチをお願いします




           
        クリックしてね 

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村

comment (4) @ 日記