バナー

FC2ブログ

 甲斐の名将

2014/01/08



                        関東遠征ツアーの 続編です  








                      そこで今日は、武田信玄のお話を少し ・・・ 









            20才で家督を相続した時、甲斐25万石の小国の領主に過ぎなかったのが


              53才で病没する頃には、甲斐・信濃・駿河・遠江・西上野・東三河等々


                       約125万石を領する大大名にまで発展 ・・・



















            つまり、家臣領民を大切に慈しみ、能力のある者は身分を問わず登用すれば


             その家臣領民自身が城となり石垣となり掘となった強固な国が出来上がり


             他国に攻め込まれる心配も無くなるので、本物の城なんて要らないですよ


                            ・・・ との意味です 









          領国が大きくなる度に岐阜城・安土城と、山の上に豪勢な城を築いて行った信長とは

                           ある意味、対照的ですね ・・・  


           また信玄は存命中、自国の家臣領民に裏切られた事は一度もありませんでしたが


                      その点でも信長とは対照的な末路です ・・・ 








                        お   君もそー思うか ?  





                                                                 


              カリスマ性では甲乙つけ難いでちよと思うケイチーさんなのでした 







 鳴かぬなら 鳴くまで泳ごう ホトトギスなケイチーに、応援のポチ お願いします 

           
       クリックしてね  
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村




comment (4) @ 日記