バナー

精密検査の結果

2010/08/27



昨日の続きです ・・・








セカンドオピニオンでの診察で、腫瘍ではないと診断されたケイティ。





先生いわく ・・・




まず傷口の炎症、出血具合から、目視で腫瘍ではないと即断できるとの事。





その上で、これだけ大きい腫瘍なら、傷口の表面からの組織採取でも十分に腫瘍細胞が




採取出来るとのこと ・・・




ケイティの場合、その表層組織の検査結果、傷による炎症反応はあるものの、腫瘍細胞は




一切見つからないので、100%腫瘍ではありませんとの事でした。















ただこの診断結果の違いは、獣医さんの優劣云々の問題ではなく、やはり獣医さんによって





得意な分野が個々に違うということなんだと思います。





過去に実際に似たような症例を診た経験があるかないかも、診察結果を左右するでしょう。





実際今回の先生は、1ヶ月前にケイティと全く同じ症例のラブラドールを診察されたそうです。





私個人は、いつもお世話になってる先生も、十分に名医さんだと思っています。













塗り薬はケイティが掻いてしまい、そこから出血しているということで、今回は飲み薬を




1週間分処方して下さり、また1週間後に来て下さいとの事。




ただ、薬の副作用で便が少し緩くなったり、オシッコの回数が増えたりするかもしれませんとの




説明もしっかりして下さいました。





いい先生をご紹介下さった レッスンの先生 と、セカンドオピニオンを勧めて下さった




ブログのたくさんのお友達のみなさんに感謝です 





 

  ・・・  ・・・  ・・・  ・・・  ・・・








さて、診察が終わったケイティさんはとゆーと ・・・











































        心配がなくなり、すっかり普段のケイチーですね ・・・   






        

        明日からは投薬治療の経過もご紹介します 











 
 まだまだ治療はこれからのケイチーに、応援のポチ  お願いします 

           
 
  回復祈願ポチ  お願いします 
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村










comment (17) @ 日記