バナー

FC2ブログ

 アニーのご飯事情 

2020/02/23






アニーがケイチー家にやって来て


はや、3週間が過ぎました ♪




本犬は、いたって健康 ☆


食欲もビックリするくらいあって


神戸の生活にも、すっかり慣れたようです (#^.^#)






アニーお座り





アニーの一番の楽しみは


なんといっても ご飯タイム






ごはんくで





お里の 軽井沢ゴールデンさん にいる頃から


ずっと食べて来たフードが、こちら …






アゼット表





アゼットです ♪






アゼット裏




とてもいい内容のフードです


ハナちゃんちのララちゃんもフードは


ハナパパさんが、いろいろ調べておられました


体を作るパピー時代のフードを何にするかは


とても大切な問題ですよね ~ (^-^)/






ケイチーパパ曰く


生後8か月のアニーは今特に


筋肉を付けるのに必須な


高たんぱく志向のものを


積極的に摂る必要があるとか …




そこで、他にも何かいいフードがないかと


ケイチーのフードなどでお世話になった


ドッグパラダイスの店長さん に ご相談しました





店長さんが …



1 ゴールデンの成長期に合わせた、たんぱく質が摂取できること

  1歳半あるいは2歳くらいまでの短期間だけでも

  30%以上またはそれに近いたんぱく質量であること



2 穀物不使用であること



3 現状アレルギーの心配はないものの、未来のリスクを

  軽減できる可能性があること



4 アレルギー回避のため

  フードローテーションが可能なメーカーであること





などの条件で、アニーのために


いろいろ調べて下さり


アトゥーとトライプドライ そしてピナクルを


ピックアップしてくださいました ♪






AATU 表



ATTU 裏





その中からアトゥーをチョイス


そして、ケイチーが大好きだったウェットフードのメーカー


フィッシュ4のパピー用 …






フィッシュ4表



フィッシュ4裏





さらには、ブラックウッドのパピー用 …






ブラックウッド表



ブラックウッド裏





これらを試してみることにしました (^-^)/


急に変えるわけにはいかないので


少しずつ、混ぜながら …






ケイティお供え





ケイチー姉さんにも手伝ってもらいます


ケイチー姉さん用のご飯は、その後


自動的に、アニー用のトッピングになります (#^.^#)






アニー食事





10年前、ケイチーがパピーの頃


当時まだ新米飼い主だったケイチー夫妻は


トッピングなど考えもせず


ドッグフードに母乳ミルクをかけて


食べさせていました





その点、現在のアニーのごちそうは


ケイチー姉さんのおかげです




ワンコは、野菜を上手に消化吸収出来ないので


ペースト状にするのがいいと


ケイチーパパが提案 …


そこで、ケイチーさんが固形物を食べられなくなってきた頃に買った


フードプロセッサーが役に立ちます ☆






アニーほうれん草





おかげさまで、野菜もなんでもよく食べます (#^.^#)


ウンチが少し柔らかい時があるので


様子を見ながら、どんな形でフードをあげればよいか


考えてるところです




今の様に、いろんなフードを少しずつ混ぜるのも


いいかもとケイチーパパ …




曰く、毎日同じモノを食べてると


体内の消化パターンが画一化され


異物が入った時の免疫力が低下するとか …




その点、日々違う色んな食物を食べてると


その都度、様々な免疫力が刺激強化され


自然と抵抗力がアップするそうです ☆






いずれ成長し大きくなったら、出来るだけ


手作りフードに変えていけたらと思っています ♪


でも、今は一番大切な成長期 …


栄養のバランスは、やはりドッグフードが


長けているように思います ☆




毎日食べるものだけに、コスト面も含め


いろいろ考えてしまいますが


考えてあげれる幸せを噛みしめながら


楽しく子育てしていければと思います (#^.^#)






フードラスト



ケイチー姉さんのおかげで、毎日美味しいご飯をしっかり食べれるアニーに

応援のポチを お願いします 



にほんブログ村 

人気ブログランキング

スポンサード リンク
comment (6) @ 健康管理

 恐るべき組織球性肉腫 

2019/12/12






ケイチーさんの命を奪った直接の要因


それが、組織球性肉腫 …







ゴールデンの保護者の方々であれば


「 肥満細胞腫 」 や 「 リンパ腫」 そして


「 血管肉腫 」 といった病名は


既に耳慣れたものだと思います




そのどれもが、仮に悪性であれば


どの様に手立てを尽くしても


最終的には、愛しいゴルの命を


容赦なく奪うものであると言うことも …






それら、悪い意味でメジャーな病名に比べ


組織球性肉腫は、あまり耳慣れないものであり


正直ケイチーパパも、病名を告げられても


全くピント来ませんでした


先生までもが、珍しいと …






しかしながら、その悪性度たるや


肥満細胞腫や血管肉腫の比ではなく


恐るべきその転移の速さから


数ある悪性腫瘍の中でも


極めて予後が期待出来ないものだとか …






組織球性肉腫でも


例えば足首の先等、体の局所に出来た場合は


断脚等の外科的処置と抗がん剤治療の併用により


転移が完全に遮断されれば


最長で500日前後の余命が期待出来るケースもありますが


ケイチーさんの様に、体の奥深くの内臓に発症した場合


極めて高い確率で転移してしまうため


予後はかなり厳しい …






そして、通常の肝臓癌の場合は


癌を殺す体内のキラー細胞の減少により


既存の肝組織が癌化して発症するものですが


この組織球性肉腫の場合


肝組織が、外部から侵入した組織に塗り替えられる …




つまり、オセロの白が黒へ


一気に置き換えられる様なイメージで


その進行速度が驚くほど速く


ケイチーさんの場合


2週間前は正常値だった肝機能の数値が


たった2週間後には、もう既に片側の肝臓組織が


全て浸潤され、癌化 …


手の施し様が、ありませんでした






故に、この組織球性肉腫について


素人の私が、何ら予防策等を提唱出来るものでは


決してありません


上述の様に、その発症部位にもよりますが


もし羅漢したら、予後は極めて短いと


覚悟が必要かと思います






但し、見方を変えればケイチーさんの場合


比較的痛みを感じない肝臓に発症し


さらには血管肉腫やリンパ腫等で


長く抗癌剤治療で苦しい思いをするよりは


あまり苦しむ間もなく


潔いほどアッという間に旅立てた事は


せめてもの救いだったかなぁと、思います …






みなさんの愛するワンコたちが


いつまでもみなさんの側で


幸せに過ごせますように …







たくさんのメッセージやコメントをありがとうございます

ひとつひとつを拝読し、感謝の気持でいっぱいです

お返事出来ない不義理を、どうかご容赦下さい




にほんブログ村 

人気ブログランキング

スポンサードリンク
comment (3) @ 健康管理

 炎症とCRPについて 

2019/12/11





人もワンコも、細菌が体内に侵入すると


それと闘うべく、白血球が出動します


白血球は、細菌を熱で殺すべく 体温を上げるため


それが 「 炎症 」 「 発熱 」 という症状として現れます






その 「 炎症 」 が、体のごく一部で起こっている限りに於いては


特段、何の問題もありません …




しかし、例えば 「 右肘 」 「 左膝 」 「 股関節 」 等々


体の複数箇所で、同時多発的に発症すると


その各所で起こる炎症を沈静化すべく


「 白血球を出せ! 」 「 もっと白血球を出せ! 」


という指示が出っ放しになる事により


次第に体内の免疫バランスが崩れ


その炎症が内臓へ波及すると、最悪の場合


多臓器不全という、極めて重篤な状態に陥ります …






そして、この炎症が最も厄介なのは


その炎症反応の影で進行している腫瘍を


見つけにくくしてしまう、という事 …






体内に関節等の炎症があると


それが炎症反応数値となって、血液検査に出てきます


俗に言う 「 CRP 」 ってヤツですね




でも、仮に同時に腫瘍が発生していたとしても


そのCRPの数値が、関節炎からなのか


それとも腫瘍からなのかが分かりにくく


結果として腫瘍の発見が遅れてしまう …






今回のケイチーさんの場合


股関節や膝等の炎症反応の裏で


肝臓が組織球状肉腫に羅漢


たった2週間で、気付いた時には手遅れに …




もし股関節や膝関節の炎症が無ければ


血液検査のCRP反応から真っ先に腫瘍を疑い


もう少し早期発見が出来たかもです


※ それでも極めて悪性の組織球状肉腫にて

  余命は変わらなかったと思いますが …






たかが炎症、されど炎症 …


みなさんのワンコも、どうかCRPの診断には


気を付けてあげて下さいね






年末遠征前半 832



たくさんのメッセージやコメントをありがとうございます

ひとつひとつを拝読し、感謝の気持でいっぱいです

お返事出来ない不義理を、どうかご容赦下さい




にほんブログ村 

人気ブログランキング
comment (0) @ 健康管理

 股関節の細菌感染 

2019/12/10






これから3回に分けて


ケイチーさんを襲った


「 股関節細菌感染 」 「 炎症 」 「 組織球状肉腫 」


について今回、知り得た範囲の事を


記しておきたいと思います




今後、同様の症状に苦しむワンコや


その保護者の方々にとって


少しでもご参考になれば、幸いです








まずは、ケイチーさんが長患いした


「 細菌性股関節脱臼炎症 」






当初、単なる股関節形成不全と見られていましたが


後に、ブドウ球菌による股関節の


骨の溶解と判明 …






この細菌による股関節炎というのが


実は、非常に稀なケースなんだとか …






特にケイチーさんの場合


数年来の膀胱炎治療のため


耐性菌が出来ないよう様々な抗生剤を


手を変え品を変え服用し続けて来たのに


それでもブドウ球菌が発生したのは


本当に、ミステリーだと …






故に、血液検査の炎症反応数値からだけでは


股関節のエキスパート、藤井寺動物病院以外では


画像診断で細菌感染を見抜くのは


ほぼ不可能なレベルだそうです






但し今後、股関節で同様の症状の患者が来た場合は


今回のケイチーさんの症例を元に


細菌感染を疑ってかかれる可能性は高まるそうです


そういう意味ではケイチーさん


今後の他のワンコたちの治療に


少しは貢献出来たのかも …






大切な事は


いざ大きな病気をした際に


ちゃんと必要な抗生剤やステロイドが効くよう


常日頃から、体内に変な耐性菌が出来ない様に


「 過剰な投薬 」 は、極力控えておくべきである事 …








みなさんちのワンコも


もし歩様が少し悪くなってきたら


股関節形成不全を疑うのと並行し


細菌感染の可能性も、疑ってみてあげて下さいね






年末遠征前半 847



たくさんのメッセージやコメントをありがとうございます

ひとつひとつを拝読し、感謝の気持でいっぱいです

お返事出来ない不義理を、どうかご容赦下さい




にほんブログ村 

人気ブログランキング
comment (2) @ 健康管理

 お互い辛かった時 

2019/12/09





肝臓の組織球状肉腫による食欲減退で


自らは、全く食べようとしなかった


ケイチーさん …






表情 017





食事はママの手作り食を


ミキサーで食べ易いペースト状にして


シリンジで口元へ運んでいましたが …






表情 021





首を左右に振り


食べる事を頑なに拒否


その際、食事がこぼれるので …






表情 022





こんな風に、首回りにタオルを巻き


よだれ掛けとして対策 …






表情 028





食べる事が、最も楽しみなハズのゴールデンが


食べる事が、最も苦痛になっていた現実 …






表情 023





食べさせるママも


食べさせられる本人も


お互い辛かったけど


最期まで、よく頑張りました ☆







にほんブログ村 

人気ブログランキング

スポンサード リンク
comment (3) @ 健康管理