バナー

 8月15日 

2017/08/15







今日8月15日が何の日か、知らない日本人が


最近、増えていると聞きます …







1_20170809004741015.jpg






原爆投下日がいつか、正しく答えられない人の割合が


実に7割に上ると、先日のTVニュースが


報じていました …







ティアナちゃんこまりちゃんケイティ 326






72年前の、あの敗戦があったから


今日の平和な日本があります


民間人・軍人合せて300万人もの尊い犠牲の上に


今の私達は生かされています







ティアナちゃんこまりちゃんケイティ 335






あの敗戦で国体 ( 国の体制 ) が変わり


基本的人権を尊重する、民主的な国に生まれ変わった日本 …


自由は、平和は、最初からそこにあったものではありません







2_20170809004742b54.jpg






先人たちの、まさに血を流しながらの尊い犠牲の上に


今日の、この平和な日々があるのです


ケイチーパパは、右派でも何でもありませんが


その事だけは、決して忘れてはならないと思うのです







4_20170809004745a4f.jpg






72年前の先人たちも、今に生きる私たちも


同じ日本人です


ただ、生まれた時代が違うだけ …


そこには、共に守るべき日々の生活と


かけがえのない家族の存在がありました







3_20170809004743a81.jpg






どれだけ無念だった事でしょう ?


我が身に置き換えてちょっと想像してみれば


すぐに分かる事だと思います


それが、平和な現代に生きる私たちに課せられた


最低限の礼儀だと思うのです







玄関 002






「 体験しなければわからぬほど、お前は馬鹿か 」


絵画により原爆を告発した故・丸木俊さんの言葉が


重く圧し掛かります …


心ならずも散って行った先人たちは


今の平和な日本を見て、喜んでくれるでしょうか ?







玄関 006






いえ、きっと喜んでくれるでしょう


私たちが、彼らの存在を忘れなければ


そう、8月15日を忘れなければ …







悪天候 024



そこに 「 ゆとり 」 は許されないと思うケイチーに

応援のポチ お願いします 



にほんブログ村        


スポンサード リンク
comment (12) @ 歴史

 滅びの美学 ☆ 

2017/07/08






最近、ケイチーパパが寝る前に


少しずつ読んでいる本が、こちら … 






野菜ダンベル本 018





戦国最強と謳われた甲斐武田氏が


信玄死後わずか9年で滅亡したのは何故か ?


後継者勝頼の人物像や苦悩を始め


その9年間の詳細を追跡した、決定版 ☆






野菜ダンベル本 024





滅ぶはずのない者が滅んで行く姿と


その狭間で揺れ動く、現実と美学


そして、人間の本質 …


太宰しかり、武田氏しかり


そーゆー斜陽的ストーリーが好きな


ケイチーパパ … (#^.^#)






野菜ダンベル本 021





ところでこの本、普通の文庫本に比べると


結構な大きさで … |д゚)チラッ






野菜ダンベル本 023





お値段の方も、それなりに高かったんですが … |д゚)チラッ






野菜ダンベル本 022





ママにお願いして、買ってもらいまちた ♪


ついでに、こちらのアイテムも … 






野菜ダンベル本 032





そう ♪ 蛍雪の功ならぬ、LED蛍光灯 ☆






野菜ダンベル本 033





1日の終わりの、寝る前の30分 …


布団に入った状態で


この蛍光灯の灯りで本を読む瞬間が


至極の時間なんですよねぇ ~ (#^.^#)






野菜ダンベル本 034





と、これでケイチーパパの武田氏関連シリーズは


ご覧の通りのラインナップに …






野菜ダンベル本 028





その中には … |д゚)チラッ






野菜ダンベル本 030






野菜ダンベル本 031
                                




と、その金髪軍の大将から一句 … 






笑顔とワイン 018
  




おあとが宜しいよ~で … (#^.^#)






1494462192450_201707041744289a0.jpg



隙あらばと夜襲を企てる足軽大将ケイチーに

応援のポチ お願いします 



にほんブログ村        


スポンサード リンク
comment (2) @ 歴史

 人の一生は … 

2017/05/01





ご存知、戦国時代最後の覇者にして


江戸幕府の開祖、徳川家康 …






1_2017042514092616c.jpg





その家康が、晩年残したとされる有名な遺訓がこちら …





☆ ☆ ☆ ☆ ☆





人の一生は、重荷を負いて遠き道を行くが如し


急ぐべからず


不自由を常と思えば不足なし


心に望み起こらば、困窮したる時を思い出すべし


堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え


勝つ事ばかりを知りて、負くる事を知らざば


害その身に至る


己を責めて、人を責むるな


及ばざるは、過ぎたるより勝れり






3_20170425140930eba.jpg





幼少期に父に死なれ、母と別れ


織田・今川両家での長きに渡る人質生活を強いられ


大名としての独立後も、武田信玄に痛めつけられ


忠誠を誓った織田信長の命で、自らの妻子を殺害し


本能寺の変でその信長が突如討たれると


決死の思いの伊賀越え逃避行で危機を回避し


信長死後は、元来格下の太閤秀吉の下に臣従し


まさに堪え難きを堪え、忍び難きを忍び


長き忍耐の末に、ようやく天下を掴んだ家康 …






2_201704251409280ef.jpg





どこかでキレて、短気を起こしていれば


とうに終わっていてもおかしくない彼の一生 …


そんな自らの人生訓が滲み出ている


家康らしい、重みのある遺訓ですね (*^_^*)






プールももちゃん4才 208






プールももちゃん4才 196






プールももちゃん4才 195






オペとプール 042






プールももちゃん4才 111






プールももちゃん4才 112






プールももちゃん4才 113
                                




石の上にも3年より、水の中にも5年な


唯我独尊のケイチーさんなのでした (#^.^#)






オペとプール 092



天下布武より河童布武なケイチーに、応援のポチ お願いします 



にほんブログ村        


スポンサード リンク
comment (8) @ 歴史

 栄枯論ずるに足らず 

2017/04/03






ケイチーパパの、好きな言葉のひとつ … 






オペとプール 021






オペとプール 030





これは、戦前に勃発した二・二六事件当時の内閣総理大臣


岡田啓介首相の言葉 …






オペとプール 032





人からあれこれ言われても


言い訳や手柄を語る必要はない


自分の真心は、天のみが知っている


というもの …






オペとプール 031





好むと好まざるとに関わらず


生きていく上では、様々な出来事が発生します


でも、良い事も悪い事も、語るには及ばない


自分の真心や真実は、天のみが知っているのだから






オペとプール 025





今日からスタートする新年度 …


周囲の人の言動に、いちいち左右される事なく


「 栄枯論ずるに足らず 」 の精神で己を信じ


本業を頑張りたいと思う、ケイチーパパなのでした …






オペとプール 026






オペとプール 027






オペとプール 028
                             




河童さんには、ちょっと難しかったかな ?


以上、新年度に際し、とあるサボリーマンの主張なのでした  (#^.^#)






オペとプール 206



ウンチクはいいから早く会社へ行けと思うケイチーに

応援のポチ お願いします 



にほんブログ村        


スポンサード リンク
comment (6) @ 歴史

 歴史に残るクーデター 

2017/03/16






ブートンハンカチ奪取 001












2_201703151833235e2.jpg












1_20170315183321299.jpg












3_20170315183325473.jpg












ブートンハンカチ奪取 008
                                




ちなみにクーデターは毎日決行中の


河童藩のケイチー浪士なのでした (#^.^#)






ブートンハンカチ奪取 029



「 煩悩寺の変 」 も十八番な主演女優ケイチーに

応援のポチ お願いします 



にほんブログ村        


スポンサード リンク
comment (6) @ 歴史